FC2ブログ

非情な宣告でした

またまた前回の続きです。




それは忘れもしない電話でした。

病院の診断結果をグループホームの職員の方からでした。

おばさんは足が悪いこともあり グループホーム内の自分の部屋と皆さんが集まり食事等をする

リビングへの移動以外はほぼ歩きませんので 体を動かさずです。

外出時も車椅子です。

電話の内容は 「 血栓が出来て 両足に血液が循環しなくて壊死が始まっていて 

両足付け根から切断となります。 」

と言う事でした。


あまりの事の展開に電話口で呆然と会話していたのを覚えてます。

電話を切った後に、今までに無いほどの大量の涙がこぼれました。

翌日早朝におばさんが入院している伊勢原市内の病院に母親と駆けつけました。

おばさんの意識は無く、どうやら肺の中にも血栓が出来ており 呼吸も苦しそうでした。

母親も姉に向かって一生懸命 励ましておりましたが 病室内には荒い呼吸と人工呼吸器と 

心電計の ピー ピー という音が鳴り響いてました。


そして、私たちが病室に入り30分位したら おばさんの呼吸が穏やかになり呼吸の荒さも無くなり 

きっと薬(点滴)が効いてきたのだろうとな~ なんて思っていたら 看護婦数名が走って来ました。

その後、担当の医師がお見えになり 

両足切断しても意識が戻ることは無い可能性があるということでした。

延命措置で両足切断しても その後のおばさんの苦しみを考えると・・・



その場で決断しなくてはならない為 悩みましたが 

出した結論は両足切断はせずに五体揃ったまま送る出そうという事でした。

しかし、その決断をした数分後におばさんは 

先に亡くなったおじさんと水子の元へ旅立っていかれました。



涙が止まらなかったのを覚えており 母親にも 「 お前泣きすぎだよ 」 

なんて言われるほど自然に涙が出てました。


私の中では おばさんの死に目に立ち会えた事がせめてもの慰めとなっています。


その後、火葬、お墓への納骨と事は進みました。



成年後見人は 被成年後見人(おばさん)が亡くなった時点で効力は無くなります。

成年後見人ではなくなっても 親戚として処理することはもう少しあり今度は財産分与となります。

私もおばさんの生前中に 遺言書等はないか調べましたが 遺言書は無いです。

財産分与をするには 相続人を確定しなければなりません。

家庭裁判所の担当者に確認しましたら、 

おばさんの親からおばさん兄弟姉妹の全ての戸籍謄本が必要とのことです。

大体の相続人は分かっていたのですが、各人の戸籍謄本をこちらにそろえて

相続人の確定を進めていましたら

一番下の弟さんは漁師で 奥さんが妊娠中に遠洋漁業中に海で 

不慮の事故に遭い亡くなっていますが  

そのお子さんも今回の相続人となるようでした。


そのお子さん(Kさん 女性)は 私も東京近郊に住んでいる親戚も

一度もお会いした事無い人でした。


先に亡くなったおじさんの方は おじさん方の親戚とは疎遠になっており

一度も連絡がつかない感じでございます。


そのKさんは母親兄弟の出身地でもある 宮城県石巻市に住んでいるという事が分かり

書面を郵送して内容を説明しました。

しかし Kさん本人も怪しい手紙と思っているらしく信用してもらえませんでした。

それはよく分かっております。・・・

いきなり手紙で 相続人ですので一度お会いしたいなんて言われたら誰でも怪しむのは当然です。

後日、新幹線、在来線と乗り継いで 石巻市まで行きお会いしました。

その時に大まかな内容をご説明したのですが、

財産分与とだけお話しましたので 相続金をもらえるのか、もしくは借金の相続なのかが分からず 

お会いしましたが、まだ信用していただけないようでした。

借金は無いのですが、いくら相続金がもらえるとどうかは 

相続人が全員いる所で発表しないと不公平となるため 

詳しい内容は申し上げることは出来ませんでした。


その後 私の母親と再度訪問すれば信じてもらえますか? と言う事で

数日後に 再度石巻市に訪問しました。

高齢の母親のため 今度はクルマでの移動となりました。

そして、やっと信用頂けたようで、 その数ヵ月後にKさん夫妻も東京近郊まで出てきてもらい 

相続人全員が集まったところで 相続内容の発表となりました。

相続内容は 皆さんが納得出来る金額でした。


相続人が相続金を相続する時に ある一定の金額を超えると税金が発生します。

相続人が複数いて 遺産分割がスムーズに終わらせる為にも 

なるべく相続人に手間をかけないようにと 税務署に相談に行ったりして色々調べて行く中で 

今回の件では税金が発生しないとの事でした。

遺産分割の分割方法は 基本的に相続人同士で話し合いで決めるのですが、

相続人が複数人いると話が進まなくなる場合がありますので 分割方法は私が決めました。

Kさんもやその他の相続人含め 相続金の分配は揉める事も無くスムーズに話が進みました。


あと一つ出来ればで良いのですが という事で条件を付ける訳では無いのですが、

「 おじさん、おばさん、水子の3人がお墓の中とは言えやっと一緒になれたので 

3年間は一緒にお墓の中で過ごしてもらい その3年間は私がお墓を管理しますので 

その間に 一度でもいいのでお墓参りをしてください。 」  と言いました。


お金を貰って終わりでは おばさん一家も浮かばれませんので、

各相続人の良心に問いかけるように話をしました。

墓参りに行ったかどうかは いちいち調べたりしませんが 3年間という意味を相続人それぞれに

思ってもらえればと私も思っておりました。


そして3年が過ぎ 今後はお墓を継ぐ者がいない為 2019年2月上旬に 

神奈川県某所にある霊園のお墓からお骨を取り出し 

そちらの霊園にある供養塔に合祀という運びとなり 今回の一連の事柄全てが終了となりました。


ここからはnavi-fit自身のことですが、その3年間というのが

気持ち的にどうしてもブログを書く事が出来ず

今こうして3年間(トータル8年4ヶ月)が終わり、

一つ肩の荷を降ろしたという感じで ホッとしております。


読んでくださる皆様、お客様には関係無い事で ブログ更新を休んでいたこと 

大変申し訳ございませんでした。

また、今回の一件で内容に不快に思われた方がいましたら誠に申し訳ございません。



またこれから少しずつブログ更新して行けたら良いと思っております。

(超マイペースとなります。!)



昭和生まれの nai-fit が そろそろ平成最後を迎えるのこの時期に 

こうして仕事のご依頼をいただける事に 本当に皆様に感謝でございます。 


今後も精進したいと思っておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。




長文にお付き合い頂きまして誠にありがとうございました。



navi-fit



RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター